【店舗向け】QRコード・スマホ決済「PayPay」の特徴・導入メリットについて解説

Amazonタイムセール祭り[24日(土)9時から]

24日(土)~27日(火)の4日間、タイムセール祭りが開催されます。

Amazonタイムセール祭りの会場はこちら

QRコード決済・アプリ決済サービスのPayPayの導入を検討しているけど、サービスの特徴や導入のメリットを詳しく知りたい。

この記事では、QRコード決済・アプリ決済サービス「PayPay」の導入を検討している店舗事業者様向けに、PayPayの特徴や導入のメリットについて解説します。

好きなところから読めます

QRコード決済PayPayとは

「PayPay」は、ソフトバンクグループ(PayPay株式会社)がサービス提供しているQRコード決済・スマホ決済サービスです。

公式サイト

PayPayの導入加盟店は、和民や笑笑、白木屋などを展開しているモンテローザグループや、ファミリーマート、ミニストップ、ポプラなどのコンビニや(ローソンは3月26日から対応)、ビックカメラ、エディオン、コジマ、ソフマップ、ヤマダ電機等といった家電量販店で導入されています。

PayPayを導入する際の費用は一切かかりません

PayPayを導入するにあたって、初期費用、月額費用は一切かかりません。

また、PayPayの売上金を振り込んでもらう際の入金手数料も一切かかりません。

決済手数料は業界最低水準

PayPayの決済手数料は業界最低水準の1.6%からです。

QRコード決済のPayPayを導入するメリット3つ

QRコード決済のPayPayを導入するメリットは3つあります。

  • 露出が増えるため、新規顧客の流入が見込める
  • PayPayで決済するとポイントが貰えるのでリピーターが期待できる
  • インバウンド需要に対応できる

上記のとおりです。

露出が増えるため、新規顧客の流入が見込める

PayPay決済を導入すると、店舗の露出が増えるので新規顧客の流入が期待できます。

ユーザーがPayPayアプリを立ち上げると、アプリのトップ画面に「全国のお店一覧」というボタンが表示されます。

クリックすると以下のようにマップでPayPayを導入している店舗が表示されます。

PayPayユーザーがこのマップをみて「この店PayPayが使えるからここに行ってみよう」と考える可能性があります。

また、飲食店限定ですが、Yahooダイニングの「PayPayが使える全国の飲食店一覧」に店舗情報が掲載されますのでお店の露出が増えます。

PayPayで決済するとポイントが貰えるのでリピーターが期待できる

ユーザーPayPayを使って決済すると、還元率0.5%のボーナスを貰えます。

また、Yahoo!カードでPayPay残高にチャージすると1%のTポイントが貰えるため、現金で払うよりもお得なので、「ポイントが貰える」という来店動機に繋げやすいです。

インバウンド需要に対応できる

PayPayは12億人のユーザーを抱えるAlipay(アリペイ)の決済に対応しています。

アリペイユーザーはAlipayアプリでQRコードを読み取るだけで支払いできますので、アリペイユーザーの来店を見込めます。

ちなみに、Alipayの決済手数料は1.98%です。

QRコード決済PayPayの導入方法、及び手数料

PayPayの導入は、公式サイトのフォーム経由で申し込みます。電話で申し込む事も可能です。

ちなみに、加盟店登録時に必要な書類は個人事業主と法人では異なります。

個人事業主としてPayPayの加盟店に申し込む場合、必要書類は「本人確認書類」で済みますが、法人で申し込む場合、業種によっては資格証明(資格証明、営業許可証等)の提出が必要になります。申込時に法人番号が必要です。

導入費用、月額利用料

PayPay決済を導入するにあたり、初期費用や月額利用料は一切かかりません。

売上金の入金手数料は、PayPay銀行宛てに振り込む場合は無料です。

入金サイクルは最短翌日

PayPayで決済した売上は、振込先をPayPay銀行(旧称ジャパンネット銀行)に指定すると最短翌日に振り込まれます。しかも振込手数料はかかりません。

PayPay銀行以外の銀行の場合は、最短翌々営業日の振り込みとなります。例えば、今日決済された売上が、3日後ぐらいには銀行口座に振り込まれます。

そのため、キャッシュフローが非常に良いです。

累計決済金額が1万円をこえた日を締め日として送金されます。

まとめ

以上、QRコード決済・アプリ決済サービスの「PayPay」の特徴や導入のメリットについて解説しました。

PayPayなら手軽にQRコード決済・スマホ決済を導入でき、7億人のユーザーを抱えたAilpay(アリペイ)の決済も導入できますので、インバウンド需要にも対応できます。

もしまだ導入していないのであれば、導入をご検討ください。

ちなみに、以下の記事で他のQRコード・スマホ決済サービスを紹介しています。他サービスに興味のある方は是非どうぞ。

あわせて読みたい
【店舗向け】中国人観光客向けQRコード・アプリ決済サービス4選 中国人観光客に対応するためQRコード・スマホ決済サービスの導入を検討しているけど、中国人観光客がよく使っているQRコードを知りたい。国内の決済サービスによっては...
あわせて読みたい
【店舗向け】QRコード・スマホ決済サービス9選!手数料・入金サイクルを徹底比較 店舗向けのQRコード・スマホ決済サービスの情報をお探しの方向け。 QRコード・スマホ決済は、お店の店頭などにあるQRコードをスマートフォン(アプリ)で読み取ることで...
Amazonタイムセール祭り[24日(土)9時から]

24日(土)~27日(火)の4日間、タイムセール祭りが開催されます。

Amazonタイムセール祭りの会場はこちら

面白かったらシェアをお願いします!
  • URLをコピーしました!
好きなところから読めます